インプラント治療は本物そっくり【食材の味を味わう】

歯医者

虫歯予防に欠かせないこと

歯と歯の間をキレイに

dental teeth

虫歯は歯と歯の間から発生することがほとんどです。なぜなら歯垢や食べ物のカスは、歯と歯の間に溜まることが多く、それをエサにして虫歯菌が繁殖するからです。普通の歯ブラシでは歯垢を約60%しか落とせないと言われています。歯ブラシが届きにくい歯の隙間の汚れを落とすには、デンタルフロスや歯間ブラシが役立ちます。デンタルフロスを使えば、歯垢の約80%が除去できるとされていて、口内のケアには非常に効果的です。歯間ブラシは主として歯周病を予防するため、歯と歯茎の隙間を磨くために使います。年をとると歯茎が下がって隙間ができやすいため、歯間ブラシが有効です。歯間ブラシとデンタルフロスを併用すれば、約90%まで歯垢を取り除けます。

使い方と選び方

デンタルフロスは両手の指に巻きつけるか輪を作って、歯と歯の間に挿入し、歯をしごくようにしながら、ゆっくりと上下に動かします。入れる時も抜くときも、力を入れ過ぎると歯や歯茎を傷つけることがあるので、無理をしないことが大切です。慣れないうちは、ワックスが塗られたデンタルフロスのほうが、滑りが良くて使いやすいでしょう。またフレーバーのついた商品や、糸を巻きつける専用の持ち手も販売されています。糸が引っかかりやすい部分には虫歯がある可能性が高く、また出血があれば歯周病の恐れがあるので、歯科で検診を受けることをお勧めします。このようにデンタルフロスには、歯や歯茎の状態をチェックできるというメリットもあります。